予備校って自分の偏差値から選ぶべき?予備校の選び方について

大学受験予備校は偏差値で選ぶべき?

大学受験予備校は偏差値で選ぶべき?

大学受験予備校は偏差値で選ぶべきではありません。偏差値は数値指標であり、客観的にわかりやすいので、高ければ高いほどよいだろうと思いがちです。

しかし、受験したい学校によって、その学校に受かるための勉強が必要となります。また、偏差値は1回の模試の結果であって、本当の実力というわけではありません。

予備校では偏差値順に席替えをしたり、煽るようなことをするのが通例ですが、偏差値が高いからと言って安心ではないですし、低いから駄目、ということはありえません。

あくまでも、模試の結果が良かった、または悪かった、ということです。その為、目安くらいに考えておいて、受験したい大学に受かるための勉強(つまり試験対策)に注力するのがおすすめです。

大学受験予備校は値段で選ぶべき?

大学受験予備校は値段で選ぶべき?

大学受験予備校は値段で選ぶべきなのでしょうか。結論から言うと、予備校は価格ではなく実績で選ぶべきです。

これまでにその予備校に通っていた生徒がどんな大学に入っているかを重視してください。偏差値の高い大学に入っている生徒が多い予備校は、レベルの高い講義を実施している可能性が高くなります。

なぜなら、高いレベルの講義をすれば低い偏差値の大学はカバーできますが、簡単な講義だと高偏差値の受験には対応できないからです。

まずは、あなたが行きたいと思っている大学の合格者数を把握しましょう。志望大学に多く入っている予備校があなたに合っていることになります。入学費用や価格が安いからと言うだけでは選んではいけません。

大学受験予備校は授業内容で選ぶべき?

大学受験予備校は授業内容で選ぶべき?

大学受験予備校に通うことで合格を確実にすることができます。大学受験のためには適切な指導方法を受け、確実に学力を上げていくことが求められますので、効率的に学べる予備校がお勧めです。

大手から少人数制の予備校が数多くありますが、授業内容をしっかりと比較し自分に合った予備校を選ぶことが大切です。

授業内容は、クラス制になっているところが多いですが進み方や目標とする大学のレベル感が合っていないと、わからないことだらけになってしまったり、授業についていけないこともあります。

予備校を選ぶ際には、事前に体験授業などに参加して自分の目標とレベル感に合うものを選びましょう。入学試験までしっかりと学ぶことで合格を手に入れることができるのです。